院内

無自覚の病気をどう治す

医師

血液中の脂質バランス

病気の名前がついていても直接的には症状が表れず、検査で発見されるまで気がつかないケースがあります。高脂血症と呼もばれる脂質異常症はその1つです。これは血液中のコレステロールや中性脂肪の数値に異常が見られる病気で、典型的な生活習慣病と言えます。高脂血症になると血液中に悪玉コレステロールと中性脂肪が増え、逆に善玉コレステロールが減ってしまいます。こうした状態が長く続くと動脈硬化を起こしやすくなります。動脈硬化は心筋梗塞や狭心症・脳梗塞といった病気の原因となりますから、無症状でも注意が必要なのです。コレステロールと中性脂肪は不溶性のため、血液中ではアポ蛋白と呼ばれる蛋白質と結びついて運ばれます。このアポ蛋白の種類によってコレステロールの善玉か悪玉かが決まります。低比重リポ蛋白は血管壁に付着しやすいため、血管の健康には決して良くありません。逆に高比重リポ蛋白は、血管に溜まった悪玉コレステロールを取り去ってくれるために善玉なのです。血液中ではこうして善玉と悪玉の両コレステロール間で綱引きが繰り広げられています。高カロリー食で運動不足だと悪玉が優勢となり、動脈硬化が進んでしまうというわけです。

脂質異常を治す3つの方法

こうした高脂血症の状態が進行しても、通常は痛くもかゆくもありません。稀にアキレス腱が厚くなるような症状が見られる場合はありますが、ほとんど無症状な点がこの病気の落とし穴なのです。健康診断などで血液検査を受けて異常が見つかるケースが大半です。高脂血症になっても今すぐ命にかかわるわけではありませんが、放置しておくとさまざまな病気を招き寄せてしまいます。そうなる前に手を打っておいた方が、長く健康に生きられるものです。内科か循環器内科を受診して医師に相談すれば、適切な治療を受けられるとともに健康を保つ秘訣も教えてもらえます。高脂血症の治療法とは、食事療法・運動療法・薬物療法が3本の柱です。食事療法の実践には医師とともに管理栄養士の指導も欠かせません。同時に運動療法も実行し適正体重を目指していきます。薬物療法はこの2つの治療法でも改善が見られない場合に有効です。使われる薬は悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果が高いため、家族性高脂血症と診断されれば早くから実施されます。いずれも副作用は小さいので安心して服用できます。こうした治療を続けていれば体質も改善され、将来の動脈硬化を予防できるのです。

簡単なダイエットの方法

点滴

血液クレンジングという治療を用いればより短期間で効果的にダイエット、体質改善が可能になります。大阪でこうした治療を受ける場合、費用はすべて自己負担となるためあらかじめ具体的な金額を把握していくことが大切になってきます。

この記事の続きを読む

抗癌剤の副作用を軽くする

院内

免疫力を高めて癌を死滅させる免疫治療は、比較的新しい癌治療方法です。進行癌や転移癌にも適応できるので、諦めることはありません。他の癌治療方法と併用できますし、抗癌剤の副作用を軽くする作用も報告されています。医療業界でも、画期的な先進医療として注目されています。

この記事の続きを読む

便を調べる大切さ

病室

検便検査は、大腸がんや感染症などの自分では自覚症状があまりない重大な病気の発見につながると言えます。検査自体は、便を一部採取するだけなので手間や時間もかからずに簡単に済ませることが出来る点が人気となっています。

この記事の続きを読む