住宅環境を変えるならリフォームが最適!~二回目の家作り~

どんなリフォームができる?

住宅リフォームといっても、業者によってリフォームできる部分は異なります。そのため、依頼する前にどんなリフォームが可能なのか調べておきましょう。一般的にみるとお風呂のリフォームなどがよく依頼されているようですが、その他に依頼が多いところを知ってリフォーム可能かどうかを問い合わせてみるといいです。今住んでいる家の中で改善すべき箇所を確認したうえで依頼すれば、住宅環境は改善されるでしょう。

リフォームするなら何処を変える?【リフォームする前に決める事】

工具

求める機能を決める

リフォームというと家の中で劣化してしまっている部分などを新しい物に変える、という風にイメージする人もいます。そのため、多くの人がリフォームする場所に合わせて最適な機能を選んでいると言われています。

リフォーム

デザインを決める

東京や横浜にあるリフォーム業者に依頼をするなら、求める機能の次にデザインも決めておきましょう。どんな色にするのか、どういったデザインにしたいのかなどを決めておくと、何処の業者を選ぶべきなのか判断しやすくなるかもしれません。

設計図

業者を決める

次に、リフォームの依頼をする業者を探してみましょう。業者を探すときは上記で決めた条件を参考に、東京や横浜にある業者の中から理想的な業者を選び、リフォームに関する相談をしてみましょう。

[PR]
フローリングのコーティングをプロに依頼
質の高い施工を行なってくれる

みんなどんな部分をリフォームしているの?

リフォームしたいけど、どういった部分をリフォームした方が良いのか・・・と悩んでいる人は、多くの人がリフォーム業者に依頼している内容を調べてみましょう。下記のランキングでは、依頼の多いリフォーム内容を紹介しています。

住宅リフォームで依頼の多い場所ランキング

no.1

お風呂場・トイレのリフォーム

お風呂やトイレなど、日常的に使う部分はリフォーム業者への依頼も多い場所です。なぜなら、こういった部分をリフォームすることで、快適な生活に近づけることができると言われています。そのため、1位に選ばれているのでしょう。

no.2

部屋のリフォーム

元々フローリングだった部屋を、親と同居するため畳の部屋にしたい、という人達も少なくありません。そのため、部屋の内装を変えるリフォーム依頼も多いと言われています。

no.3

キッチンのリフォーム

キッチン周りも、トイレやお風呂場のように常に使い続ける場所です。そのため、住宅内の中でも老朽化しやすい場所と言われていることから、三番目に多いのがキッチン周りに関するリフォーム依頼なのでしょう。

no.4

介護リフォーム

介護をするため、住宅の気になる場所に手すりをつけるというリフォームをする人達も増えています。玄関・風呂場・トイレなどに手すりがあるだけで、お年寄りも安心して使用することができると言われてます。足腰が弱い高齢者にとって手すりはとても助かるもので、取り付けを行う場合は専門業者に依頼することができます。プロの方に依頼することで手すりがはずれてしまうというトラブルも未然に防げるため、安心して手すりを利用していくことができるでしょう。

no.5

防水リフォーム

屋根やベランダ部分など、直に雨や風に当たる部分はとても老朽化しやすい部分です。普段屋根を見ることはないため、見落としがちですがこういった部分のダメージが大きくなってしまうと、屋根にひび割れや隙間ができてしまいます。そして、隙間ができると雨漏りなどの原因になってしまうため、リフォーム業者に相談して対策する人も多く存在します。屋根などに向いているリフォームは、防水塗装をするなどの工事内容となり、この工事によって劣化をストップさせて、建物全体を守っていきます。

[PR]
風呂リフォームなら専門業者にお任せ!
優良店探しをスムーズに進めよう

[PR]
屋根のリフォームをプロに頼もう
専門の仲介サイトを利用しよう

[PR]
デザイン住宅を横浜で建ててもらおう
専門業者の情報が満載☆

広告募集中