院内

抗癌剤の副作用を軽くする

院内

進行癌や転移癌にも適応

癌は早期発見こそ治癒の最善の道とされます。ただ、万が一癌発覚時に既に進行していることが分かったり、転移していることが判明しても諦めることはありません。先進医療の免疫治療は、進行癌や転移癌にも適応しています。免疫治療は抗癌剤治療など、一般的な癌治療と併用できるために現在は補完的な役割を担っています。抗癌剤治療中、免疫治療も一緒に行うことで抗癌剤による副作用を減らせる可能性もあります。免疫治療は癌細胞だけをターゲットにすることができますから、身体にかかる負担を極力減らすことができます。成功例はまだ少ないものの、免疫治療で治癒したケースも報告されています。今後おおいに期待することができる治療法です。

免疫力で癌を死滅させる

癌の治療方法の中でも比較的新しく登場したのが、人間の免疫力をアップさせることで癌細胞を死滅させる免疫療法です。現在癌治療の三大療法として認められているのが、外科療法、放射線療法、化学療法です。免疫治療は現時点では十分なエビデンスがないため、まだ主軸の治療法としては認められていません。ただ、これまでの癌治療では必ず伴うハードな副作用を軽くする作用、治療自体の副作用がほとんどない点は注目に値します。免疫療法と言っても様々な種類のアプローチ方法があるので、患者さんの状態や癌の種類によって選ぶことができます。選択肢の幅広さも、免疫治療の魅力の1つです。癌そのものを治すことが難しい状況でも、抗癌剤の副作用を軽くする目的で使われることも珍しくありません。いずれにしても、従来の癌治療にはないメリットが多い画期的なアプローチ方法です。