お年寄りも安心な家【手すりを取り付けるだけで安心度が増す】

手すりを取り付けるだけで変わる「取り付ける場所」

お年寄りも安心な家【手すりを取り付けるだけで安心度が増す】

カップル

階段

お年寄りの方でも安全に生活ができるよう、住宅内に手すりを取り付けることをおすすめします。階段は段差が高ければ高いほど、お年寄りにとっては登りにくい階段になってしまいます。しかし段差の高さを変えることは難しいため、手すりを取り付けるなどの工夫をしてみましょう。手すりがあれば、手すりに掴まって登ることができるため安心して階段を利用することができるでしょう。

リフォーム

トイレ

座ったり、立ったりするトイレも手すりを取り付けた方が良い場所と言われています。お年寄りによって、座ったり立ったりという行動は、膝や腰に負担をかけてしまう場合があります。

室内

玄関

クツを履くとき、脱ぐときに何か掴まる物があれば楽に玄関を利用することができます。そのため、玄関にも手すりを付けておいた方が安心して暮らせる住宅になるでしょう。

設計図

お風呂場

風呂場は水に濡れると滑りやすい場所のため、住宅の中でもお年寄りの転倒事故が多い場所です。そのため転ばないように、しっかりと握れる手すりを取りつけ転倒事故を防ぎましょう。手すりの取り付けを検討しているという人達は、横浜にあるリフォーム業者に相談してみてください。

手すりのある浴室と無い浴室の便利さを比較

手すりのある浴室

手すりがないため掃除は楽ですが、掴める場所がないので、お年寄りにとっては少し不安な浴室になってしまいます。

手すりのある浴室

手すりの部分だけ少し掃除しにくいかもしれませんが、掴める部分があるため、お年寄りの方でも安心してお風呂に入れるでしょう。

広告募集中